ずっと元気な状態をキープしよう

この記事をシェアする
B!

すぐに結果を破棄しないこと

5年間は保管しておこう

最低でも、健康診断の結果は5年間保管した方が良いと言われています。
結果には、その時の身体の状態が細かく記載されています。
病期を発症した時にチェックすれば、何が原因なのかすぐに分かるでしょう。
治療方法はいくつかありますが、その中でベストな方法を選択しないと上手く治療することができません。
せっかくこれまで健康診断を受けてきたのに、結果を破棄していると病気の解明が遅れます。

5年は保管しておきましょう。
もちろん、それ以上保管しても大丈夫です、
病気になっても慌てないで、医師にこれまでの結果を見せましょう。
早く治療を開始すれば、短時間で回復します。
また、失くすことがないよう結果を保管する場所を決めてください。

すぐに取り出せる場所を見つける

病気になっているという診断を受けたら、医師からこれまでの受けた健康診断の結果を見せるよう言われるかもしれません。
その時にすぐ提出できるよう、分かりやすい場所に保管してください。
どこに保管したのか分からなくなると、提出が遅れます。
また家族がいる場合は、みんなの健康診断の結果をまとめて保管するのがおすすめです。

遺伝的な問題で、病気を発症することがあります。
その時は、他の家族の結果も見ることでこれから病気になるリスクがどのくらいなのか医師が判断してくれます。
まだ肉体に変化が見られなくても、すでに身体の奥底で歯病気が始まっているかもしれません。
家族の誰かが病気になったら、念のために全員検査を受けましょう。